0120-248-958 info@nispac.jp

スパマネージャーになる

MANAGE2現在多くのスパがある中、スパマネージャーの確保の重要性が高まっています。まずは一セラピストとして成熟し、部下を育成し、スパ運営に携わっていくスパマネージャーは、現場で必要な接客、技術、知識の習得はもちろんのこと、サロンビジネスについても精通する必要があります。
日本スパカレッジでは、カリキュラムの中にサロンビジネスをしっかり取り入れています。スパの立上げに必要な立地やメニュー開発、何よりコンセプトや市場分析や他社との差別化、広告、販売促進からスタッフ管理、関連法規にいたるまで、サロン運営に必要なことが学べる内容が満載です。


sogo1

スパマネージャーを目指すなら、現場の管理のためにも、スパ全般の事を知る必要があります。当校なら、基礎からスパに関する応用の知識や技術まで充実したカリキュラムが1年間で学べます。一流のスパセラピストとしてご活躍いただき、またマネージメントに役立つコースです。また日本で唯一国際ライセンスCIBTAC「スパセラピー」が取れるスクールです。
1


MANEGE

スパセットアップからスパ概論、スパデザインや設備について、事業収支計画書の作り方から、売上管理、スタッフ管理、仕入れ、メニュープログラム開発といったスパ運営の実務までを学んでいただけます。
1


スパマネージャーとして活躍している卒業生、義本美和さんの場合…
YOSHIMOTO2
金融機関勤務時原因不明の体調不良に襲われ、当時海外のスパへ行きストレスアウトしていたが、セラピストという職業に興味を持ち、身体の事を勉強したいと思い、日本スパカレッジへ入学。在学中は学級委員を務め沖縄と県外出身者の融合に努める。国際スパセラピスト総合コース2期生。卒業後は、外資系ホテルスパにてスパコンシェルジュとして、ホテルマンとセラピストのつなぎ役となり新メニュー開発にも携わる。その後地元に戻り有名旅館スパにてセラピスト業、スポーツジム併設サロン等を経て運営受託スパ小浜島のリゾートホテルにて店長、同じく久米島スパ店長兼務、兼沖縄エリアマネージャー。現在、業界前の職業とセラピスト業務を生かし、セラピストと本社業務兼務しています。

VOICE

OKINAWA