0120-248-958 info@nispac.jp

経理からセラピストへ!夢のMyサロンオープン

 大城光子さん
2016年第10期生 CIBTAC国際スパセラピストコース卒業(解剖生理学・フェイシャル)
41歳まで経理の仕事をしてきました。

42歳を前にリンパドレナージュを習得するために福岡へ。
沖縄へ帰ってきて自宅をリフォームし自宅サロンをオープン。その後2年目で現在の那覇新都心の店舗で営業をし、お客様に支えられおかげさまで10年経ちました。

 

ー仕事のやりがいや楽しさ
施術が終わりお部屋から出て来たお客様の満足した笑顔を見た時がなにより嬉しいです。お客様から、 “大城さんが、私のストレスをフリーにしてくれる!ありがとう” と、感謝の言葉を頂けると、セラピストになれて本当によかったなぁと心から思います。

 

ーセラピストを目指した理由
前職をしていた際、まだセラピストという職業を知る前のことですが、知人の病気について父が深刻そうにリンパの話をすることがありました。
リンパってなに?そんなに大切なの?と父に聞いたところ、
父は、神妙な面持ちでかなり口数少なく “うん、大切” と答えてくれましたが、私はよく分からず、“??”でいっぱいでした。
そこで、リンパについて調べはじめ、健康な身体を維持するためにはとても大切なのだと知り、興味を持ったのがきっかけです。
しかし、この年齢から医者になるには難しいし、この私に何ができるのか調べたところ、“セラピスト”という職業を知り、リンパドレナージュのセラピストになるために福岡へいきました。

 

ー日本スパカレッジでの思い出
ビーチパーティ―、カンナタラソ研修、クリスマスパーティー、課題のケーススタディもそうですが、
スパカレッジで受けた内容の濃い授業、授業中の出来事や素敵な仲間に出会えた事が1番の思い出です。
とても素敵な時間でした。

 

ーこれから日本スパカレッジに入学を希望する皆様へ
CIBTACという国際ライセンスを習得し自身を持って、人を癒す“セラピスト”という職業を楽しんでください。
先生方、スタッフの方々も明るく親切な方ばかりで、学ぶ楽しさと大切さを感じることのできる場所です。
とてもお勧めですよ~♡